アルバイト面接の基礎知識


社会人が安心して登録できる工場アルバイト登録

>>工場ワークス公式サイトで仕事を探す


アルバイトの面接に落ちない方法

アルバイトの面接に落ちない方法は、まず相手の目を見てちゃんと話をすることです。

面接のときは、はきはきと話をして、笑顔を時折見せることです。落ちないようにするには、臨機応変な普通の対応が必須です。面接に落ちないようにするには、最低限、こうしたマナーは抑えておく必要があります。

それと働き方に融通が利くことです。アルバイトでよく出てくる話がシフト調整です。求人誌には見えてこないのですが、シフト調整の話は、面接の合否に関係してきます。アルバイトの面接に受かるには、スキルやレベルは関係なく、入ってほしいシフトに入れることが大前提になることが多いのです。

その中から良い人を選ぶというのが基本になっています。求人誌に入って欲しいシフトを載せていないのは、具体的に入って欲しいシフトを書くと、応募する人が減ってしまうからです。入口の面接に受けに来る人を増やすために、希望シフトは書かないのです。

アルバイトの面接に何度も落ちてしまう人は、企業が求めるシフトと合わないからです。無理しないというバイトのスタイルが定着している今の世の中、働ける日数が多いことは、採用のためのアドバンテージになります。

アルバイトの面接の服装

アルバイトの面接の服装は、どのような恰好がいいのでしょう。アルバイトの面接に行く場合、悩むのが何を着ていくかです。

アルバイトの面接は、人柄をアピールする場でもあるので、服装の印象はとても大事です。バイトの面接に行く時の服装は、できるだけ、シンプルで清潔感のあるものがおすすめです。正社員の面接と同じで、派手な服装や変に目立つ服装は避けるべきです。
アルバイトの面接に落ちない方法
また、不潔な服装やだらしない服装は印象を悪くします。アルバイトの面接での服装は、清楚で控えめな印象の爽やかなものがよいです。

面接では、しっかり働いてくれそうな人かどうかを確認するので、服装もその人の人柄を判断する一つの材料になります。面接の服装で最も大事なことは、いかに相手に対して、自分がきちんとした人間であるかを伝えることです。

襟付きシャツ、ポロシャツ、ブラウスなどがおすすめで、派手な柄は避け、シンプルな柄を選びます。色は 原色よりはグレーや紺、淡い色が良いです。服装は、サイズ感の合っているものを選び、 デニムよりはキレイ目なパンツがおすすめです。

短いスカートはNGで、膝丈サイズを選びます。

アルバイトの面接でも交通費は出来の?

アルバイトの面接でも交通費は出るのでしょうか。基本的に面接の場合、交通費は出ません。面接の際の交通費を出しますと書いてあるところなら出るでしょうが、そうしたところは稀です。

通常、書いていないのが普通で、書いていないところは当然、交通費は出ません。

それ以外で書いてある交通費支給というのは、採用後に通勤するための交通費になります。

中には、通常の交通費でさえ、バイト先によっては出ないところもあります。全くでないところもあれば、定期を買わせてそれを日割り計算で交通費を出すところもあります。20日以上勤務した時点で、定期代全てを出すというような限定的なところもあります。

それゆえ、バイトの面接を申し込む電話の際、交通費は支給されるのかと質問するのは失礼になります。面接を申し込む段階では、まだその質問は早く、面接中に細かい条件などを教えてくれます。万が一教えてもらえなかった場合は、最後に、交通費はどうなっていますかと質問することです。

アルバイトの面接では、交通費は出ないと考えるのが一般的です。面接の場合、普通は出ないので、あまり期待しない方がいいでしょう。


社会人が安心して登録できる工場アルバイト登録

>>工場ワークス公式サイトで仕事を探す



▲ページトップに戻る